瞑想を日々にとりいれてみる

巷でちょっと流行している瞑想。





成功者とか経営者とか、社会のリーダー的な人が取り組んでいる印象のようです。


でもそういった方々でなくても、瞑想はどんな人でも日常に取り入れることができます。


「瞑想って難しそう」


という声が聞こえてきそうですが、

実はどんな人でも瞑想の状態を体験しているのです。

それは寝入りばな、落ちそうになる瞬間です。

寝てるような起きているような…


みなさんご経験があるのではないでしょうか?


ですので特別なことをしなくても、すでに瞑想はできているのです。



ただ私が思うに、瞑想は目的を持ってやることではないと考えています。

人は目的を持つと、執着が出てきます。

効果を期待するのです。


効果に執着すると、瞑想は途端に価値が下がってしまいます。


ですので、瞑想は「ただやる」を意識するだけ。


目を閉じて、呼吸に意識を向けて、静かにただ座る。

瞑想で広がる風景を見て、感じてみましょう。

終わったら自分がどこに立っているか、振り返って見てみます。



効果効能にとらわれず、ただ瞑想。

取り組んでみてもいいのではないでしょうか?

0件のコメント

最新記事

すべて表示