病気を抱えているお子様がいるご家族の方へ・・・

私は3年間に渡る娘の看病育児で、様々な気付きがありました。

 

子どもはもちろん大事、生活も大事、家族も大事。

 

あれ、でもちょっと何かが違う・・・

 

そう、自分のことをすっかり忘れていたのです。

 

目が回るほど忙しい毎日の中、

子どもに笑顔と、親としての強さや安心感を与えたいという

気持ちの影に隠れるように、

 

「もっと自分のことも大事にしてよ・・・」

 

という心と体の言葉。

 

私は、

限界まで頑張ってようやくその声に気づく事ができたのです。

きっかけはヨガでした。

 

わたしは崩壊寸前でヨガに救われたのです。

 

ヨガは内観です。

自分と自分をとりまく空間、そしてそれを上から見ている自分しかいません。

 

何にも邪魔をされず、

今まさに自分が何をしたく、何を感じて存在しているのか

そのことの探求をする。

 

そうすることが、

自分を縛っていることが「まさに自分自身」であること、

そして縛りをといていくことも「また自分自身」であること

に気づく事ができました。

 

そして私は楽になりました。

 

苦しんでいる人へ一人でも多くそのことを伝えたいと思い、

私が救われたヨガで、そのことをお伝えしていきたいと思っています。